ハイヤー車両の安全対策をご紹介

ハイヤーの車両は国内外の高級車であるため、車両そのものに最初から安全性の高い機能が標準装備されていることは多くの人がご存じのことでしょう。これだけでも充分に安全性が高いと言えるのですが、ハイヤー会社はそれだけに留まらず、さらに先をいく安全性の向上に努めています。まずは、一般的にも広がりを見せているドライブレコーダーの設置です。一般的に自家用車に設置するのはいざというときの危険回避や交通事故を起こしたときの証拠提出などが理由ですが、ハイヤーの場合はそれにプラスして乗務員の研修の際に運転技術を高めるための教材として利用されます。ヒヤリとする場面の危険分析などを皆で行い、事故防止に努めています。

さらに、車輌動態管理デバイスにより急ブレーキや急ハンドルといった情報を運転管理者に通知し、会社内で共有します。運転品質向上のために役立てています。ハイヤーの基本はお客様を安全に目的地まで届けることに尽きます。安全運転以上のものはありませんので、「事故が起きない」という事実だけに満足することなく、事故につながるようなヒヤリとするような運転や対向車の運転など総合的に判断していきます。事故の可能性を1パーセントでも減らすためにできることに取り組む。このような姿勢があるからこそ、ハイヤーが多くの人に支持され、利用されているのでしょう。

車両設備に関する安全対策を取り上げてきましたが、実際に車両を運転するのは乗務員である人間です。いくら車両が万全の状態であったとしても、それを運転する乗務員になんらかの問題があったとすれば、安全運転ができなくなる可能性もあります。このため、乗務員の健康には特に会社全体で注意深く見守っており、体調面で無理がある場合は乗車させないことはもちろんですが、メンタルヘルス対策も万全です。仕事をする以上なんらかのストレスは付きものですが、それが限度を超えてしまうと仕事に支障をきたします。仕事に集中できないとなれば、安全運転が難しくなるのは目に見えています。これらのことを防ぐために、カウンセラーに来てもらい、専門的な分野からストレスやメンタルヘルスの問題に取り組んでもらっているのです。些細なストレスと思って放置していたら、睡眠に影響したり、運転に集中できなくなったりすることはあります。その結果、大きな事故につながる可能性があるため、小さな問題のうちに解決できるようにしていきます。