ハイヤーの乗務員の研修とは

ハイヤーの乗務員には当然のことながら研修が行われています。入社した際の研修はもちろんですが、実際にハイヤー乗務員としてデビュー後も定期的な研修は行われています。入社時の研修は会社のコンセプトからどのような仕事内容なのかについてを把握し、より高い意識を持ってもらいます。ハイヤー会社は年々若手の新卒入社が増えてきましたが、中途採用も結構な数になります。同じ新入社員であっても、中途採用の多くは過去にハイヤー会社に所属していたり、タクシーの運転手をしていたりしたメンバーが大多数を占めています。これは想定内のことではありますが、タクシーとの違いがあるように、これらの人にも接客スキルをしっかり研修していただくのです。お客様を車両に乗せて送迎するという仕事をしていただけに、ある程度の自信があるため逆に難しい面もあるようです。

ハイヤーの研修は接客面の研修も当然ながら行われます。中途採用の場合は、接客スキルを生かした仕事がしたいという理由の人も多いようです。とはいえ、ハイヤーならではの接客スキルというものがあります。立ち振る舞いからお客様対応などさまざまな研修が行われます。語学力を高めるための研修を行っているところもあります。基本的に「もてなしの心」がない人には不向きな仕事であることは誰が見ても周知の事実です。マニュアルとして接客スキルを高めることはもちろんですが、自分ならではのサービスも仕事でアピールすることが大事でしょう。押し付けにならない程度に、お客様の痒いところに手が届くようなサービスを提供していくことが大切です。

ハイヤー会社によっては乗務員の多くが英会話のスキルを上げるために奮闘中だそうです。英会話スキルを英検であれば2級合格程度を目標にし、TOEICスコアは500点以上を目指したいところです。これくらいの点数が獲得できれば、観光案内などができ、ツアーコンダクターや入国審査官などもおおむね500点以上を求められるため、これらの仕事と同レベルの英語スキルがあることが言えます。入社後に努力し続けることができれば、よしとする会社もあるでしょう。英会話スキルに留まらず、中国語や韓国語、フランス語などあらゆる言語が話せる乗務員は重宝されます。こちらも独学で学ばれる人も多いようです。ハイヤーの乗務員にはグローバルな感覚も求められるため、常々学ぶ姿勢を持たなければなりませんし、そのような研修も行われています。